指揮者・飯守泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori の 公式 サイト。演奏会 スケジュール(オーケストラ コンサート・オペラ) 、過去 の 公演 記録、各紙 掲載 記事、メッセージ、CD 情報 など、随時更新。  
 
Profile:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori プロフィール Concert:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori 演奏会(オーケストラ コンサート・オペラ) 情報・公演 記録 Message:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori メッセージ Articles:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori 各紙 掲載 記事 Discography:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori CD LD 情報 Gallery:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori 旅のフォトギャラリー Archive:指揮 者・飯守 泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori 過去のニュース・更新情報
 
 
指揮者・飯守泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori の 公式 サイト。演奏会 スケジュール(オーケストラ コンサート・オペラ) 、過去 の 公演 記録、各紙 掲載 記事、メッセージ、CD 情報 など、随時更新。
 
   
 
新着情報:指揮 者・飯守泰次郎〈いいもりたいじろう〉Taijiro Iimori 新着 情報・演奏会 情報・更新 情報
 
  なし

日本フィルハーモニー交響楽団第686回東京定期演奏会(12/9、10)関連情報のご案内:
―現在配布中の「ぶらあぼ」12月号「PickUp」に記事「名匠ならではのドイツ・ロマン派と湯浅譲二の深き世界」(文:江藤光紀氏)が掲載されています。
―公開リハーサルが予定されています。詳細は主催元のこちらのページをご参照ください。(2016/11/29)
line

 
  なし 現在上演中の新国立劇場『ラ・ボエーム』(残すところ明日11/30の1公演となりました)の公演初日(11/20)終演後に舞台裏を訪れた際の様子が、新国立劇場オペラtwitterに動画(約45秒の後半部分)で紹介されています。(2016/11/29)
line
 
  なし Concert情報(2017年1月〜6月)を更新しました。(2016/11/29)
line
 
  なし

「札幌交響楽団第595回定期演奏会(11/25、26)に向けて」をMessageに掲載しました。このコンサートのためのリハーサルの様子が、札幌交響楽団のfacebookに写真入りで掲載されていますので、あわせてご覧ください。(2016/11/24)
line

 
  なし Concert情報(2017年7月〜12月)を更新しました。(2016/11/24)
line
 
  なし 「ミューザ川崎モーツァルト・マチネ第27回(2016/11/13)によせて」をMessageに掲載しました。 (2016/11/13)
line
 
  なし Concert情報(2017年1月〜6月、2018年1月〜6月)を更新しました。(2016/10/30)
line
 
  なし 「群馬交響楽団第522回定期演奏会(2016/10/29)によせて」をMessageに掲載しました。 (2016/10/29)
line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』の公演評として、下記の記事が掲載されています。(2016/10/20)
―評論家・東条碩夫氏の「東条碩夫のコンサート日記」2016年10月2日付記事「2016・10・2(日)新国立劇場『ヴァルキューレ』初日」
「Byron」(クリティーク・コラム・マガジンのWebサイト/運営:INCLUSIVE(株))〜「週刊ファッション日記 番外編」掲載記事「女戦士が戦死した英雄を屍姦する新国立劇場の『ワルキューレ』は必見!そしてお得!?」(三浦彰氏による10月5日の公演評)
line
 
  なし

記事掲載のご紹介:
毎日新聞2016年10月18日付夕刊に「音のかなたへ〜悲しい味」(梅津時比古氏)、また毎日新聞クラシックナビに「アンコール〜アイデアをそぎ落として得られた《ワーグナーの神髄》新国立劇場『ワルキューレ』」(10/19付、毬沙 琳氏)が掲載されました。 (2016/10/20)
line

 
  なし 新国立劇場facebookに『ワルキューレ』(10/2公演)のカーテンコールの様子が写真入りで紹介されました。 (2016/10/20)
line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』全6公演が終了いたしました。応援してくださったすべての皆様に、深く御礼申し上げます。公演の動画、写真、および関連記事を、下記からご覧いただけます。(2016/10/19)
―公演初日
(2016年10月2日)のダイジェスト動画(第1幕第3場および第3幕第3場から計6分)はこちら
「SPICE」(運営:イープラス)の10/2付記事「新国立劇場オペラ『ワルキューレ』全貌を現す〜ゲネプロ・レポート【シリーズ『ワルキューレ』#5】(動画あり)」(文:小田島久恵氏)〜こちらの動画(約6分弱)では、ゲネプロから全3幕の名場面を中心に、ピットの指揮姿も少しご覧いただけます。
新国立劇場の公式舞台写真はこちら
「SPICE」の10/4付記事「新国立劇場『ワルキューレ』名唱の饗宴で初日開幕!【シリーズ『ワルキューレ』#6】」(取材・文:千葉さとし氏)から、ピットの姿も含め多くの写真をご覧になれます。
その他関連記事は新国立劇公演関連ニュース「オペラ「ワルキューレ」メディア掲載情報」から
動画「飯守泰次郎の『ワルキューレ』音楽講座」こちら
line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』、いよいよ本日10/18(火)千秋楽を迎えます。17時開演、当日券もございます(さらに学生の方には当日半額割引があります)。ホームページをご覧くださる皆様のお越しを、新国立劇場で心よりお待ち申し上げております。(2016/10/18)
line
 
  なし 「新国立劇場『ワルキューレ』(2015/10/2・5・8・12・15・18)によせて」をMessageに掲載しました。 (2016/10/15)
line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』が初日を迎えました!新国立劇場「公演関連ニュース」10/2付記事「2016/2017シーズンオペラ開幕公演『ワルキューレ』が初日を迎えました」から、初日の楽屋でブリュンヒルデ役イレーネ・テオリン氏とともに、マグヌス・ローバック駐日スウェーデン大使、名ソプラノのカラン・アームストロング氏(ゲッツ・フリードリヒ夫人)とご子息のヨハネス・フリードリヒ氏と談笑する様子などを写真でご覧いただけます。(2016/10/3)
line
 
  なし

新国立劇場2016/2017シーズン開幕公演『ワルキューレ』、いよいよ10/2から始まります!10/2(日)、5(水)、8(土)、12(水)、15(土)、18(火)の全6公演、皆様のご来場を心よりお待ちしております。(2016/10/1)
―動画「飯守泰次郎の『ワルキューレ』音楽講座」
こちらからご覧いただけます
『ワルキューレ』特設サイトに寄せた文章「『ワルキューレ』−終わりなき愛の葛藤〜新国立劇場オペラ芸術監督 飯守泰次郎」はこちら(トップページ下方に画面をスクロールしてお読みいただけます)
line

 
  なし

新国立劇場『ワルキューレ』につきまして日程限定の優待プログラム、U39オペラ優待メンバーズ(39歳以下対象/S席11000円またはアトレ会員は10000円)およびU25優待メンバーズ(25歳以下対象/S席5000円、一人一枚)が発表されています。詳細は新国立劇場のホームページをご覧ください(2016/10/1)
line

 
  なし 「SPICE(スパイス)」(エンタメ特化型情報メディア/運営:イープラス)に記事「新国立劇場オペラ 楽劇『ニーベルングの指環』第1日『ワルキューレ』」取材記事全4回が掲載されています。(2016/10/1)
#4:ブリュンヒルデ役 イレーネ・テオリンに聞く
#3 ヴォータン役 グリア・グリムスレイに聞く
〜#2:演出コンセプト説明会レポート
#1:8人のワルキューレたちが語った

line
 
  なし 新国立劇場『神々の黄昏』速報:
10/2開幕の新国立劇場『ワルキューレ』、来年6月『ジークフリート』に続き『指環』四部作を締めくくる『神々の黄昏』の上演日程が、「新国立劇場からのおしらせ」の2016年9月30日付記事「【速報】2017/2018シーズン演目の先行発表(オペラ・バレエ・ダンス)」にて発表されました。ぜひご確認いただき、観劇のご予定にお役立てください。
(2016/10/1)
line
 
  なし Concert情報(2017年7月〜11月)を更新しました。(2016/10/1)
line
 
  なし 動画による音楽解説のご紹介:
新国立劇場「公演関連ニュース」9/17付記事「オペラトーク『ワルキューレ』を開催しました」から、ピアノによるライトモティーフ解説(約28分/後半約20分は山崎太郎氏との対談)がご覧いただけます。『ワルキューレ』各幕のききどころを、おもなライトモティーフ(示導動機)をピアノでご紹介しながら解説していますので、ぜひご覧ください。9/17に開催されたオペラトークの写真も同記事に多数掲載されています。(2016/9/19)
line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』のリハーサル引き続き進行中!新国立劇場オペラFacebookに写真入りで紹介されていますので、ぜひご覧ください。(2016/9/19)
オーケストラ歌合わせ(Orchestersitzprobe)
―ピアノによる舞台稽古

line
 
  なし 新国立劇場『ワルキューレ』のリハーサルが進行中です。9/7の立ち稽古の様子が、新国立劇場オペラFacebookに写真入りで紹介されています。 (2016/9/8)
line
 
  なし

「billboard JAPAN」のDaily Newsに記事「新国立劇場、新シーズン開幕第一弾『ワルキューレ』稽古開始 世界最高峰のワーグナー歌い集う」が掲載され、演出コンセプト説明の様子が写真入りで詳報されています。 (2016/9/6)
line

 
  なし 新国立劇場「公演関連ニュース」9/5付記事「オペラ『ワルキューレ』リハーサルが始まりました」に、演出コンセプト説明の様子などが写真入りで紹介されていますので、ぜひご覧ください。9/17開催のオペラトーク『ワルキューレ』にも出演いたしますので、7/31付記事「オペラトーク『ワルキューレ』(2016年9月17日(土)11:30〜)好評販売中です」もあわせてご参照ください。皆様のご来場をお待ちしております。 (2016/9/5)
line
 
  なし Concert情報(2018年1月〜6月)を更新しました。(2016/9/5)
line
 
  なし いよいよ新国立劇場『ワルキューレ』のリハーサルが始まりました!8人のワルキューレの場面の稽古場の様子が、新国立劇場オペラFacebookに写真入りで紹介されています。 (2016/9/2)
line
 
  なし 雑誌記事掲載のお知らせ:
「サラサーテ」10月号(9月2日発売)p74〜77「オペラにおけるコンサートマスターの役割とは〜新国立劇場『ローエングリン』」と題された記事で、東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター・近藤薫氏とともに密着取材を受けたレポートが掲載されています。新国立劇場の新シーズン『ワルキューレ』に向けた抱負も語っていますので、ぜひご覧ください。
(2016/9/2)
line
 
  なし Concert情報(2016年7月〜11月、2017年1月〜6月)を更新しました。(2016/8/28)
line
 
  なし 雑誌記事掲載のお知らせ:
「モーストリークラシック」10月号(8月20日発売)p100〜102に、記事「BIGが語る・飯守泰次郎」(インタビュー・文:平末広氏)が掲載されています。新国立劇場2016/17シーズンの展望、「ワルキューレ」「ジークフリート」の見どころ聴きどころについて語っていますので、ぜひご覧ください。
(2016/8/28)
line
 
  なし 新聞記事掲載のお知らせ:
日本経済新聞2016年7月29日(金)夕刊(関西版)に、「関西フィル定期『トリスタンとイゾルデ』第3幕〜飯守泰次郎の薫陶 味わう」(藤野一夫氏による評)が掲載されました。
(2016/8/4)
line
 
  なし Concert情報(2017年1月〜6月)を更新しました。(2016/8/4)
line
 
  なし

新国立劇場2016/2017シーズン『ワルキューレ』(2016/10/2・5・8・12・15・18)に向けた『ワルキューレ』特設サイトに、下記の記事が追加されています。このサイトに寄せた文章「『ワルキューレ』−終わりなき愛の葛藤〜新国立劇場オペラ芸術監督 飯守泰次郎」(トップページ下方に画面をスクロールしてお読みいただけます)と合わせて、ぜひご覧ください。(2016/7/19)
<インタビュー>ヴォータン役 グリア・グリムスレイ
<インタビュー>ジークムント役 ステファン・グールド
<コラム>4部作随一のヒロイン・ジークリンデに注目して聴く『ワルキューレ』(広瀬大介氏)
line

 
  なし 新国立劇場2016/17シーズン「ジークフリート」(来年2017/6/1・4・7・10・14・17)に約半月ほど先立ち、「特別企画『ジークフリート』ハイライトコンサート―邦人歌手による―」(2017/5/17新国立劇場中劇場/指揮:城谷正博氏)が開催されます。詳細は新国立劇場「公演関連ニュース」6/30付記事「特別企画「ジークフリート」ハイライトコンサート 上演決定のお知らせ」に掲載されています。(2016/7/19)
line
 
  なし Concert情報(2016年7月〜12月)を更新しました。(2016/7/19)
line
 
  なし 「関西フィル第276回定期(2016/7/15) 『トリスタンとイゾルデ』第3幕(演奏会形式)によせて 」をMessageに掲載しました。 (2016/7/15)
line
 
  なし

関西フィルハーモニー管弦楽団のブログ2016/7/14付記事「『トリスタンとイゾルデ』、いよいよ明日本番です!」に、7/15(金)開催公演「関西フィル第276回定期演奏会〜『トリスタンとイゾルデ』第3幕」に向けたリハーサルの様子の続報が写真入りで詳しく掲載されています。ぜひご覧ください。(2016/7/15)
line

 
  なし 関西フィルハーモニー管弦楽団のブログ2016/7/12付記事「飯守泰次郎さんの『トリスタンとイゾルデ』第3幕、練習始まりました!」に、7/15(金)開催公演「関西フィル第276回定期演奏会〜『トリスタンとイゾルデ』第3幕」に向けたリハーサルの様子が写真入りで詳しく掲載されています。ぜひご覧ください。(2016/7/12)
line
 
  なし 「ローエングリン」FMラジオ放送のご案内:
7月15日(金)14:00〜18:00 NHK-FM「オペラ・ファンタスカ」にて、本年5〜6月の新国立劇場公演「ローエングリン」が放送されます。詳細は新国立劇場「公演関連ニュース」6/30付記事「オペラ『ローエングリン』ラジオ放送のお知らせ」をご覧ください。 (2016/7/12)
―放送予定内容〜ワーグナー:歌劇「“ローエングリン」(第1幕:1時間3分9秒/第2幕:1時間24分47秒/第3幕:1時間02分24秒)
line
 
  なし 本日開催の「東京シティ・フィル ブルックナー交響曲ツィクルス最終回 〜交響曲第9番(第299回定期演奏会 2016/7/5)」の公演プログラムに掲載される「ごあいさつ」の文章、およびシティ・フィルとのこれまでのブルックナー交響曲全演奏記録Messageに掲載しました。 (2016/7/5)
line
 
  なし 2012年から5年をかけてきた東京シティ・フィルとのブルックナー交響曲ツィクルスは、いよいよ明日が最終回となります。ぜひ東京オペラシティへお越しください。「東京シティ・フィル ブルックナー交響曲ツィクルス最終回 〜交響曲第9番(第299回定期演奏会 2016/7/5)に向けて 」をMessageに掲載しました。 (2016/7/4)
line
 
  なし

新国立劇場2015/2016シーズンを締めくくる『夕鶴』が本日7/1開幕します(7/2、7/3と合わせ計3回公演)。開幕に向けて稽古場を激励に訪れた際の様子が、新国立劇場オペラFacebookに写真入りで紹介されています。(2016/7/1)
line

 
  なし 新国立劇場2016/2017シーズン『ワルキューレ』(2016/10/2・5・8・12・15・18)に向けて『ワルキューレ』特設サイトがオープンしています。このサイトに寄せた文章「『ワルキューレ』−終わりなき愛の葛藤〜新国立劇場オペラ芸術監督 飯守泰次郎」が、トップページ下方にてお読みいただけます(画面を下方にスクロールしてご覧ください)。このほか“みどころ&ものがたり”、“スタッフ&キャスト”、“「指環」早わかり&人物相関図”等が掲載されていますので、ぜひご覧ください。(2016/6/21)
line
 
  なし 新国立劇場「公演関連ニュース」6/1付記事「2015/2016シーズン“お客様感謝の会”が開催されました」に、5/29の『ローエングリン』公演後に開催されたパーティーの様子が、写真入りで紹介されています。 (2016/6/21)
line
 
  なし 「新国立劇場『ローエングリン』(2016/5/23・26・29・6/1・4)によせて」をMessageに掲載しました。 (2016/5/28)
line
 
  なし

新国立劇場『ローエングリン』が5/23に初日を迎えました!本日5/26は2回目の公演です。新国立劇場「公演関連ニュース」5/23付記事「オペラ「ローエングリン」が初日を迎えました」に、初日のカーテンコールの様子等が写真入りで紹介されていますので、ぜひご覧ください。 (2016/5/26)
舞台写真はこちら
「飯守泰次郎の『ローエングリン』音楽講座」はこちら
―関連情報
〜演劇キック観劇予報(5/5付)「世界最高の“白鳥の騎士”フォークトが再び降臨!新国立劇場『ローエングリン』
〜エンタメ特化型情報メディア SPICE(5/22付)「“白鳥の騎士”再臨〜新国立劇場『ローエングリン』ゲネプロレポート
line

 
  なし 新国立劇場『ローエングリン』(5/23、5/26、5/29、6/1、6/4)開幕がいよいよ近づいてまいりました!当プロダクションについて、下記にて詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。(2016/5/19)
―madam FIGARO.jp記事〜「舞台美術や衣裳も手掛ける、光の魔術師ロザリエにインタビュー」(1)〜(4) (2012年9月掲載)
「ローエングリン」トーク・セッション動画(1)〜(6)(2012年5月7日、オペラパレスホワイエにて収録) 〜演出のマティアス・フォン・シュテークマン、美術・衣裳デザイナーのロザリエ、両氏による約60分のセッション(通訳:蔵原順子氏)
(1)「ローエングリン」の位置づけ
(2)神話的な空間の具現化
(3)悲劇の創出
(4)光と色で表すスコア
(5)登場人物について[1]
(6)登場人物について[2]
line
 
  なし 新国立劇場公演関連ニュースに、「オペラトーク『ワルキューレ』2016年9月17日(土)11:30〜開催決定!」のお知らせが掲載されています。「登壇者はワーグナー研究家の山崎太郎氏と本公演で指揮を務める飯守泰次郎オペラ芸術監督。『ワルキューレ』の魅力についてお話しするほか、インターネットで大好評のピアノを使った作品解説(ライトモティーフ解説)もライブで行なう予定です。」との告知がされていますので、ぜひご来場ください。(2016/5/19)
line
 
  なし 「ぶらあぼ」のfacebookに、新国立劇場『ローエングリン』の舞台稽古(5/16)の様子が写真入りで紹介されています。ぜひご覧ください(2016/5/18)
line
 
  なし 新国立劇場『ローエングリン』公演情報ページより、「『ローエングリン』タイトルロール クラウス・フロリアン・フォークト インタビュー」をお読みいただけます。ぜひご覧ください。い(2016/5/18)
line
 
  なし 新国立劇場『ローエングリン』(5/23、5/26、5/29、6/1、6/4)に向けて、本日のリハーサル(オーケストラ合わせ)の様子が新国立劇場オペラFacebookに写真入りで紹介されています。同様の記事が新国立劇場オペラ公式twitterにも掲載されています。ぜひご覧ください(2016/5/13)
line
 
  なし 動画による音楽解説のご紹介:
新国立劇場『ローエングリン』公演情報ページの「動画」コーナーにて「飯守泰次郎の『ローエングリン』音楽講座」(※音声が出ます。約25分弱)が公開されています。前奏曲に始まり、各幕のききどころを、おもな示導動機(ライトモティーフ)とともにピアノを弾きながら解説し、歌劇『ローエングリン』の魅力をお伝えしていますので、ぜひご覧ください。(2016/5/12)
−第1幕の前奏曲・「聖杯(グラール)の動機」/「エルザの動機」(5分33秒〜)/「無罪の動機」(6分25秒〜)/「ローエングリンの動機」(7分00秒〜)/「賞賛の動機」(7分36秒〜)/「禁問の動機」(8分20秒〜)/「災いの動機」(9分34秒〜)/「誘惑(籠絡)の動機」(10分55秒〜)/エルザの大聖堂への入場の場面(11分55秒〜)/「エルザの愛の動機」(13分34秒〜)/第3幕への前奏曲(14分40秒〜)/結婚行進曲(15分47秒〜)/禁問を発する場面(17分38秒〜)/ローエングリンの名乗りの場面(20分54秒〜)/歌劇「ローエングリン」の魅力(22分44秒〜)
line
 
  なし テレビ放映のお知らせ
4/24に行われました「大阪4大オーケストラの響演」の模様が朝日放送で放映されます(関西地区のみ)。放送日は5月13日(金)深夜25時59分〜で、2時間番組とのことです。詳しくは関西フィルハーモニー管弦楽団のブログ2016/5/9付け記事「“大阪4大オーケストラの響演”番組放送のお知らせ」をご覧ください。(2016/5/10)
line
 
  なし 新国立劇場『ローエングリン』(5/23、5/26、5/29、6/1、6/4)に向けたリハーサル初日の様子が、新国立劇場の公演関連ニュース(2016年5月9日付)「オペラ『ローエングリン』のリハーサルが始まりました」に写真入りで紹介されています。ぜひご覧ください。(2016/5/9)
line
 
  なし 関西フィルハーモニー管弦楽団のブログ2016/4/22付記事「日曜日は”大阪4大オーケストラの響演”です!」に、明日4/24の第54回大阪国際フェスティバル2016「大阪4大オーケストラの響演」公演に向けたリハーサルの様子が写真入りで詳しく掲載されています。この公演に向けた記者会見の様子は以下の記事でご覧いただけます。(2016/4/23)
−ぴあ関西版WEB 1/27付NEWS「熱狂再び!在阪4つのオーケストラが一堂に会する『大阪4大オーケストラの響演』4人のマエストロたちがその魅力を語る!」
−関西を遊ぶニュースサイトLmaga1/13付記事「大阪の4大オケ&指揮者、全員集合」
line
 
  なし Concert情報(2016年7月〜12月)を更新しました。(2016/4/19)
line
 
  なし

「新交響楽団第233回定期演奏会 <創立60周年シリーズ-2>(2016/4/10)によせて」をMessageに掲載しました。 この演奏会の公演プログラム掲載記事「創立60周年特別インタビュー飯守泰次郎氏にきく」が新交響楽団HPからお読みいただけます。ぜひご覧ください。(2016/4/10)
line

 
  なし 「新国立劇場2015/16シーズン新制作『ウェルテル』(2016/4/3・6・9・13・16)によせて」をMessageに掲載しました。 (2016/4/9)
line
 
  なし

新国立劇場公演『イエヌーファ』は本日3/11マチネが楽日です。まだ残席がございますので、ご検討中の方はぜひお越しください。新国立劇場では日替わりで『サロメ』も公演中です。下記の「公演関連ニュース」も合わせてご覧ください。(2016/3/11)
「皇太子殿下がオペラ『サロメ』を御鑑賞になりました」(2016年3月9日付記事)に、皇太子殿下のご観劇をオペラ芸術監督としてお迎えした公演の様子が、写真入りで紹介されています
「オペラ『サロメ』が初日を迎えました」(2016年3月6日付記事)に、ルツ・カハノフ駐日イスラエル大使ご夫妻、指揮者ダン・エッティンガー氏との楽屋での歓談の様子が、写真入りで紹介されています
line

 
  なし 「関西フィルハーモニー管弦楽団第272回定期演奏会〜ブルックナー交響曲全曲ツィクルス第6回(2016/3/5)に向けて」をMessageに掲載しました。 (2016/3/4)
line
 
  なし 関西フィルハーモニー管弦楽団のブログ2016/3/4付記事「明日の土曜日はぜひ定期演奏会へ!!」に、明日3/5の関西フィル第272回定期演奏会に向けたリハーサルの様子が写真入りで詳しく掲載されています。ぜひご覧ください。(2016/3/4)
line
 
  なし クラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」の3月放映特集番組「追悼ピエール・ブーレーズ」に寄せたインタビューが、以下に掲載されています。文中で触れているバイロイト音楽祭百年祭のプロダクションについて、「シェロー&ブーレーズ〜メイキング・オブ・リング」(約60〜65分)が3/22〜29未明(計8回)に、「ラインの黄金」(全曲・155分)が3/22〜28未明(計7回)に放映されます。(2016/3/3)
−「特集・今月のラインナップ」〜「追悼ピエール・ブーレーズ」解説はこちら
−3月番組表コラム「目の当たりにしたピエール・ブーレーズの改革精神」のPDFはこちら
line
 
  なし Concert情報(2016年1月〜6月、7月〜12月)を更新しました。(2016/3/3)
line
 
  なし

「新国立劇場2015/16シーズン新制作『イエヌーファ』(2016/2/28・3/2・5・8・11)によせて」をMessageに掲載しました。残り4公演!ぜひ新国立劇場にお越しください。 (2016/2/29)
※初日終演後の写真を追加しました((2016/3/1追記)
line

 
  なし 新国立劇場「公演関連ニュース」(2016年2月28日付)「オペラ『イエヌーファ』が初日を迎えました」に、 トマーシュ・ドゥプ駐日チェコ大使、チェコセンター東京支局長 高嶺エヴァ氏、指揮者トマーシュ・ハヌス氏との、楽屋での歓談の様子が写真入りで紹介されています。(2016/2/29)
line
 
  なし

びわ湖ホールの、子どもから大人まで楽しみながら学べるオーケストラ入門シリーズ「子どものための管弦楽教室12 八十分間世界一周」公演(2016/3/19)に向けて、びわ湖ホールのfacebookで、3回にわたり聴きどころを解説するとともに、皆様にメッセージをお伝えしています。ぜひご覧ください。(2016/2/28)
−1.「観光列車」で出発!〜イタリアに到着〜はこちら
−2.古代エジプトへ〜ふるさと日本〜海を渡ってアメリカに〜はこちら
−3.子どもたちへのメッセージ〜はこちら
line

 
  なし

第54回大阪国際フェスティバル2016「大阪4大オーケストラの響演」(2016/4/24)に向けて、フェスティバルホールの公式ホームページに、四人の指揮者がメッセージを寄せています。この公演に向けて1月に行われた記者会見の模様が、以下の各サイトに掲載されています。(2016/2/28)
−関西フィル公式HPニュース&トピックス1/13付記事「『4大オーケストラの響演』記者会見のお知らせ」
−ぴあ関西版WEB 1/27付NEWS「熱狂再び!在阪4つのオーケストラが一堂に会する『大阪4大オーケストラの響演』4人のマエストロたちがその魅力を語る!」
−関西を遊ぶニュースサイトLmaga1/13付記事「大阪の4大オケ&指揮者、全員集合」
−大阪日日新聞2016/1/13付記事「在阪4オケ指揮者一押し曲を演奏 4月公演概要発表」
line

 
  なし 先日開催の「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカ)発アート講座#7〜第9回“マエストロ 飯守泰次郎の世界”」2015/2/20、進行:萩谷由喜子氏、昭和音楽大学スタジオ・リリエ)の講座レポートが、アルテリッカしんゆりの公式facebookに写真入りで掲載されています。ぜひご覧ください。
この「アルテリッカしんゆり 川崎・しんゆり芸術祭」では、5/8に行われるフィナーレ公演「東京交響楽団演奏会〜ドイツ音楽を代表する三人の作曲家〜」も指揮いたしますので、ぜひお越しください。
(2016/2/26)
line
 
  なし Concert情報(2016年7月〜12月)を更新しました。(2016/2/23)
line
 
  なし

新国立劇場の新制作『イエヌーファ』公演に向けて、新国立劇場オペラ・ホームページの公演関連ニュースに以下の記事が掲載されています。ぜひご覧ください。(2016/2/9)
−1/31付「オペラ『イエヌーファ』稽古が開始いたしました!!」〜稽古初日の模様が、顔合わせ冒頭の挨拶を含め写真入りで紹介されています。「〔一部抜粋〕飯守泰次郎芸術監督は、冒頭の挨拶で“ヤナーチェク作品を上演したいという希望をずっと持っていました。良いプロダクションが見つかり、新国立劇場で上演でき夢が叶いました”と語りました。〔以下略〕」
−2/7付「オペラ『イエヌーファ』のリハーサル進行状況をお知らせします!!」〜主要キャストが出揃った稽古場を激励した際の写真が掲載されています。
line

 
  なし

動画のご紹介:
昨年2015/12/8に出演したトークイベント「マエストロ、バレンボイムの魅力とその音楽」の模様が、「東芝グランドコンサート35周年特別企画 ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン」公式ホームページの1/22付記事「音楽の友ホールにて行われたトークイベントのダイジェスト(動画)をアップしました」からご覧いただけます。本日2/9から始まるバレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリンによるブルックナー・ツィクルス(計9日間/サントリーホール)に向けた、広渡勲氏、舩木篤也氏との、ブルックナー、モーツァルトの聴きどころを含めた濃密な鼎談(司会:佐手麻珠氏)の様子を、ぜひご覧くださいませ。(2016/2/9)
前編::約20分。15分過ぎから、1980年代以降のバイロイト音楽祭で接したバレンボイムの人物像などについて、語っています。
後編:約40分。今回のツアーで演奏されるモーツァルトのピアノ協奏曲、およびブルックナーの交響曲の聴きどころについて語っています。
line

 
  なし Concert情報(2016年1月〜6月)を更新しました。(2016/2/9)
line
 
  なし 1/28に行われた「新国立劇場2016/2017シーズン演目説明会」の模様が、新国立劇場オペラ・ホームページの公演関連ニュース1/28付記事「飯守泰次郎オペラ芸術監督による16/17シーズンオペラ演目説明会が開催されました」に、写真入りで紹介されていますので、ぜひご覧ください。2016/17シーズンのセット券の詳細は、こちらのサイト(※音が出ます)に掲載されています。(2016/1/29)
line
 
  なし 新国立劇場の公式twitter(1/28)に、1月28日の『魔笛』公演終了後、新国立劇場最多の通算200回出演を達成された妻屋秀和氏(ザラストロ役)と、お祝いにご一緒に写真を撮った様子が掲載されました。ぜひご覧ください。(2016/1/29)
line
 
  なし

新国立劇場2016/2017シーズン演目説明会開催のご案内:
2016年1月28日(木)『魔笛』公演終了後、新国立劇場オペラパレス客席にて、2016/2017シーズン演目説明会が開催されます。入場無料、自由席、予約不要で、どなたでもご参加になれますので、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。詳細は新国立劇場公演関連ニュース(2015年12月25日付)「飯守泰次郎オペラ芸術監督による新シーズン演目説明会」)をご覧ください。上記の新国立劇場公演関連ニュースによれば「1月28日(木)『魔笛』のチケットをお持ちでない方は、公演終了後にご入場いただきます。」とのことです。 (2016/1/24)
line

 
  なし Concert情報(2016年7月〜12月)を更新しました。(2016/1/24)
line
 
  なし

おかげさまで当ホームページは1/23で開設8周年を迎えました。ご覧になってくださる皆様、記事掲載にご理解ご協力をくださる皆様、どうもありがとうございます。昨年1年間にトップページ「News新着情報」に掲載した内容は「Archive」コーナーの「2015年」からお読みいただけます。(2016/1/24)
line

 
  なし

1/17に開催された新国立劇場ラインアップ発表の模様が、オペラ・エクスプレス2016/1/17付記事「新国立劇場−2016/2017シーズンラインアップ説明会」に、写真入りで詳しく紹介されています。ぜひご覧ください。(2016/1/24)
line

 
  なし チケットぴあニュース・クラシック1/18付配信記事「新国立来季オペラで待望の日本人の蝶々夫人を配役」(取材・文 黒豆直樹氏)に、先日行われた新国立劇場の2016/2017シーズンのラインナップ発表会見の内容が写真付きで詳報されています(ヤフーニュースからもお読みいただけます)。ぜひご覧ください。(2016/1/19)
line
 
  なし

本日1/15、新国立劇場2016/2017シーズンラインアップ説明会が開催されました。詳細な演目等は、以下の新国立劇場ホームページからご覧いただけます。(2016/1/15)
「新国立劇場からのおしらせ〜新国立劇場2016/2017iシーズン オペラ ラインアップを発表しました」(2016年1月15日付)
〜特設HP「2016/2017 SEASON OPERA 公演ラインアップセット券のご案内」(※開くと音が出ます)
line

 
  なし Concert情報(2016年1月〜6月、7月〜12月、2017年1月〜6月)を更新しました。(2016/1/15)
line
 
  なし 「ホームページをご覧の皆様へ 2016年を迎えて新年のご挨拶」をMessageに掲載しました。(2016/1/9)
line
 
  なし 明けましておめでとうございます。当ホームページをご覧くださる皆様、記事掲載にご理解ご協力くださる皆様に改めてお礼を申し上げます。2016年は本日1/2より早速「関西から発信する歌とオーケストラによる新春の祭典 ニューイヤー・オペラ・ガラ 2016」公演(オリックス劇場)です。毎日新聞(大阪夕刊2015年12月9日付)掲載の記事「名曲オペラで幕開け 飯守泰次郎が指揮」はこちらです。ぜひご覧ください。(2016/1/2)
line
 
 


飯守 泰次郎〈指揮者〉Taijiro Iimori オフィシャルサイト

 
 

当サイトは飯守泰次郎 Taijiro Iimori 本人の意向のもと、とねりこ企画が管理・運営するもので、
掲載内容に関するお問い合わせはお受けしておりません。
当サイト運営に際しましては、公演情報等について株式会社ヒラサ・オフィスより、
またトップページおよび Photo Galleryページの写真を写真家・小島竜生氏より、ご提供いただいております。

 
 

− 当サイト掲載情報(写真含む)の無断転載を禁じます −
(c) Taijiro Iimori All Rights Reserved.