飯守泰次郎プロフィール      
Taijiro Iimori, Conductor

> English Version
 
飯守泰次郎

1962年桐朋学園大学音楽科卒。藤原歌劇団公演「修道女アンジェリカ」にてデビュー。1966年ミトロプーロス国際指揮者コンクール(ニューヨーク)第4位入賞。1969年にはカラヤン国際指揮者コンクール(ベルリン)第4位入賞を果たす。

以後めざましい活躍を続け、読売日本交響楽団、マンハイム市立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、レーゲンスブルク市立歌劇場の指揮者を歴任、オペラ指揮者として確固たる実績を築き上げる。また、1970年からはバイロイト音楽祭の音楽助手として数々の歴史的公演に加わり、バイロイト・フェスティヴァル元総監督ヴォルフガング・ワーグナー氏から「飯守泰次郎こそドイツ語でKapellmeister(名指揮者)と呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロと言う言葉以上に大きな尊敬の念が込められている。」と絶大なる信頼を得た。

その後、1978年から1983年までエンスヘデ市立歌劇団第一指揮者、1979年には、エンスヘデ市立音楽院オーケストラ指揮者となり、現在は同楽団の顧問を務めている。

90年代より国内での活動を再び活発化させ、1993年4月より1998年3月まで、名古屋フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者を務め、第200回定期演奏会、ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」(抜粋・演奏会形式)、楽団創立30周年記念演奏会(名古屋・東京)などを次々に成功へと導く。東京での30周年記念演奏会をライブ収録したCDは1996年度文化庁芸術作品賞を受賞。

1997年9月から、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者に就任。古典派からロマン派にかけてのレパートリーを根幹に、意欲的な活動を展開。特に2000年から4年がかりで取り組んだワーグナー「ニーベルングの指環」全4作ツィクルス上演では、その功績により2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2012年より同団桂冠名誉指揮者に就任。

一方、関西に於いても、2001年から10年まで関西フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を歴任、同団と活発な活動を展開、特に、ベートーヴェン交響曲・協奏曲全曲ツィクルス、コンサート・オペラ形式によるシリーズ「魔笛」「フィデリオ」「青ひげ公の城」などが絶賛された。2011年からは同団桂冠名誉指揮者に就任。


2012年9月より新国立劇場オペラ部門芸術参与を務め、2014年9月に新国立劇場第6代オペラ芸術監督に就任(任期4年)。

CD制作に関してはフォンテックレーベルから多数リリース、その演奏の充実ぶりが各誌より絶賛されている。

1973年芸術選奨文部大臣新人賞、2000年度サントリー音楽賞、2003年度芸術選奨文部科学大臣賞、2004年11月紫綬褒章、2008年第43回大阪市市民表彰、2010年11月旭日小綬章を受章。2012年度文化功労者。2012年度日本芸術院賞。日本芸術院会員。

(2014年12月現在)
 
所属:ヒラサ・オフィス

 
> English Version
 
リンク      
ヒラサ・オフィス:http://www.hirasaoffice06.com/
新国立劇場:http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団:http://www.cityphil.jp/
関西フィルハーモニー管弦楽団:http://www.kansaiphil.jp/
株式会社 フォンテック:http://www.fontec.co.jp/

 


− 当サイト掲載情報の無断転載を禁じます −
(c) Taijiro Iimori All Rights Reserved.